本文へジャンプ

GTA | London | GTA2 | GTA3 | VC | SA | LCS | VCS | GTA4 | TLAD | TBoGT | CW | CW(PSP) | GTA5 | RDR
Area GTA

GTA4 - Story (ストーリー)

Story...

勘違いして書いているところも多々あると思います。大まかな流れはこんな感じということで・・・。

チャプター1

チャプター1-1: 幕開け

この物語の主人公、ニコ・ベリック<Niko Bellic>。彼は、アメリカのリバティーシティーに向かう貨物船に乗っていた。一緒に乗り合わせた別の客と、アメリカでの夢を語る。彼は、アメリカンドリームを実現したといういとこを訪ねてやってきた。

船を下りると、小太りの男が熱烈にニコを出迎えた。ニコのいとこのローマン<Roman Bellic>である。ローマンは上機嫌で、この国はチャンスの国だとニコに語り、酒をあおる。ニコは仕方がないので自分で車を運転することにした。

程なくして、二人が共有する住居に到着すると、ニコの表情は曇る。そこは、ゴキブリのうろつく決して綺麗とはいえないボロアパートであった。この住居は一時的な物だというが、いいようにはめられたニコが文句を言っていると、ローマンは途中で寝てしまう。そして、後で自分のタクシー会社に来てくれと言い残し、ローマンは部屋を出て行く(The Cousins Bellic)。

ローマンのタクシー会社では、従業員でローマンが好意を抱くマロリー<Mallorie>に出会う(It's Your Call)。また、彼女の友達の一人のミシェール<Michelle>にも出会う(Three's a Crowd)。後に彼女とニコはデートを重ねる仲となる。

ローマンの仕事の手伝いで、彼の友人のリトル・ジェイコブ<Little Jacob>を車で案内した際に、彼のピンチを救ってリスペクトを得る(Jamaican Heat)。また、ローマンの別の友人、ブルーシー<Brucie>にも後々出会う。

チャプター1-2: ファウスティン・ファミリー

ローマンは彼のギャンブル癖が原因で、多額の借金をし、取り立て屋からはいつも危険な目に遭わされている。ある日ローマンがアルバニア人の取り立て屋にボコられた時には、ニコが颯爽と現れて救出するという出来事もあった(Bleed Out)。

ローマンに金を貸しているロシア人のブラッド<Vladimir Glebov>はローマンのタクシー会社に現れ、ローマンを苦しめる(Easy Fare)。ニコはローマンの身の安全を守るため、ブラッドの依頼をこなしていくようになる。しかし、ブラッドがマロリーに手を出していることを知ると、ニコの態度は一変する。ニコはブラッドのいるバーに押しかけ、逃走を図ったブラッドを追いつめると、処刑してしまう(Uncle Vlad)。

ブラッドは死ぬ前に、自分はロシアギャングの大物ミカイル・ファウスティン<Mikhail Faustin>と繋がっていると語った。ブラッドを殺してしまったことを知ったローマンは震え上がる。ファウスティンは自分たちを殺しに来ると。

対してニコは落ち着いた口調で過去の戦争での出来事を語る。彼の所属する部隊で裏切りがあり、裏切った男のひとりがリバティーシティーにいて、その男を捜しているというのだ。

別の日、ニコはゴミ箱に隠れているローマンに呼び出される。隠れている理由を尋ねると、ファウスティンの手下につけられたのだという。直後、ローマンの悪い予感は的中する。ファウスティンの手下に銃を突きつけられ、薄暗い地下室に連れ込まれる。二人が椅子に縛り付けられて尋問を受けていると、ファウスティンとディミトリ・ラスカロフ<Dimitri Rascalov>が現れる。

運のいいことに、ファウスティンはブラッドに対して特別な愛情を持っておらず、いくつかの仕事と引き替えに二人の命を助けることを約束するのだった(Crime and Punishment)。

ファウスティンとディミトリの間には仕事に対する考えの不一致があり、両者の緊張は高まっていた。ある日、ディミトリはニコを呼び出し、ファウスティンの殺害を依頼する。ニコは求めに応じ、ペレストロイカという名のバーにいるファウスティンの所に行き、彼を殺す(The Master and the Molotov)。

チャプター1-3: 予想外の敵

良好となったかに見えたディミトリとの関係は急展開を向かえる。ディミトリはブルガリンとつながりを持っていた。彼らは過去にあった密航船の事件の原因はニコにあると決めつけ、ニコに落とし前をつけさせようとする。しかし、ニコと友人のジェイコブは共に戦い、首尾よく危機を脱出する(Russian Revolution)。

身の危険を目に見えて実感したローマンはニコを呼び出し、街を出ることを提案する。荷物を取りにアパートに戻ると、そこはディミトリの手下によって火が放たれていた。タクシー会社に行ってみると、そちらも同じ事になっていた。呆然としてBohanに車を走らせていると、マロリーと連絡が取れる。二人はマロリーのつてで確保した新天地で新たな生活を始める(Roman's Sorrow)。

チャプター2

チャプター2-1: 新天地で・・・

マロリーに呼ばれてニコはコミュニティーセンターを訪れる。そこで、マロリーの幼なじみで運動家のマニー・エスクエラ<Manny Escuela>と出会う。彼は、ニコにストリートの掃除が必要であることを訴え、ニコに協力を求めた。ニコは同意し、ヤクの売人のアジトを叩く(Escuela of the Streets)。

またある日、マロリーを通じてエリザベータ・トーレス<Elizabeta Torres>と出会う。彼女はプエルトリコ人のヤクの売人で、気がかりな取引に同行してほしいとニコを誘う。予感は的中し、取引は失敗するが、ニコの陰の努力によりパッキー<Patric McReary>は無事に生き延びる。(Luck of the Irish)。

エリザベータを通じて、ニコはプレイボーイX<Playboy X>とも出会う。プレイボーイと一緒にドラッグの取引に向かう車中で、ニコが仕事を探していることを知ると、前向きな返事を返す。なお、取引は警察に仕組まれたものであり、2人は命からがら脱出する(Blow Your Cover)。

エリザベータから電話で呼び出されて部屋に行くと、ジェイコブと言い争う彼女の姿があった。彼女はジェイコブの仲間が彼女のコカインを盗んだと思いこんでおり、ニコは仕方なくドラッグを取り戻しに行くことになる。激しい銃撃戦と警察の追跡をかいくぐり、取り返したヘロインを届けに行ったニコは、意外な人物を目の当たりにすることになる。恋人のミシェールである。彼女は政府の人間で、ニコを見張っていたことを告白する。また、彼女の雇用主がニコの力を必要としていることを言い残し、没収したコカインを手に立ち去った(The Snow Storm)。

エリザベータは自分の身辺を警察がうろつき、また、ネズミがいることにいらだっていた。そこに、マニーとカメラマンが突然現れ、ストリートから出て行くようにとエリザベータを挑発する。すると、エリザベータはピストルを手に取り、二人の頭を撃ち抜いてしまう。ニコは二人の体を車のトランクに乗せ、アンダーグラウンドの医者の所まで運ぶ。臓器売買をしているその男は、二人が自然死であるかと訊き、遺体を引き受ける(Have a Heart)。

チャプター2-2: プレイボーイXとドウェイン

マニーの死や、エリザベータのムショ行きが見えて来たこともあり、ニコはAlgonquinに新たな仕事の場所を求める。プレイボーイの部屋で、ドウェイン・フォージ<Dwayne Forge>と出会う。彼は、プレイボーイのかつての仕事仲間で、刑務所を出所したばかりである。

ドウェインは、彼が刑務所に入る前に付き合っていた女のことを話す。その女には金を貸していたが、今では別の男と付き合っているという。彼はニコに依頼し、その男を殺すと共に、金を取り返す(Ruff Rider)。また、かつて入り浸っていたストリップクラブの新しい経営者を始末させる(Undress to Kill)。

ドウェインの出所後から、ドウェインとプレイボーイとの関係はぎくしゃくしていた。プレイボーイがドウェインにビジネスの半分を提供することを申し出ても、関係の改善には向かわなかった。それどころか、プレイボーイは身の危険を感じているという。彼はニコに、ドウェインの殺害を申し出る。ドウェインも同様に、プレイボーイに対しては危機感を持っており、ニコに電話で相談する。板挟みになってしまったニコだが、彼なりの判断を下し、どちらかの男の命を絶つことになる(The Holland Play)。

チャプター2-3: 政府組織

その前後に、ミシェールから電話がある。ニコは露骨に無愛想な応対をするが、彼女は淡々と用件を伝える。Algonquinのとあるビルに呼び出されたニコは、ミシェールと再会する。嘘を付いていたことをわびた彼女は、カレン<Karen>と名乗り、ビルの中に案内する。

そこには彼女の上司のユー・エル・ペーパー<U. L. Paper>がいた。彼は多くを語らず、ニコにいくつかの仕事を依頼する。協力すれば過去の犯罪を帳消しにすると共に、ニコの希望を叶えることを約束する。

ニコはユー・エル・ペーパーのミッションを全うする。彼は協力に感謝し、ニコが捜している男について調査することを約束する。

チャプター2-4: マクレリー・ファミリー

Algonquinのレストランでフランシス・マクレリー<Francis McReary>と出会う。彼は警官であるが、例によって悪徳警官である。彼はニコの悪事の数々を知っているといい、それをネタに協力を強要する。嫌々同意したニコは、フランシスを揺すっている男を殺し(Call and Collect)、訴訟を起こそうとしている弁護士を殺し(Final Interview)、ヤクの売人を始末する(Lure)。ここで、フランシスとのコンタクトは一旦途切れる。

ニコはパッキーとの付き合いを始める。彼とはかつてエリザベータのミッションで面識を持った。フランシスの弟であるが、兄とは別のルートで知り合ったことになる。パッキーとの仕事をいくつかこなし、ある時、銀行強盗を企てる。このミッションには兄のデリック<Derrick McReary>も参加する。警察との激しい戦闘の末、なんとか逃走に成功し、ニコ達は大金を手に入れる(Three Leaf Clover)。この頃、パッキーは彼の妹であるケイト<Kate McReary>をニコに紹介し、二人の交際が始まる。

銀行強盗での成果を見て、パッキーのまた別の兄であるジェリー<Gerald McReary>がニコに連絡する。彼の指示により、2つのライバルギャング間の不和を増進させる(Actions Speak Louder than WordsI Need Your Clothes, Your Boots, and Your Motorcycle)。

デリックが1日を公園で過ごしていることを知ったパッキーはニコに連絡し、彼の様子を見に行ってくれるよう頼む。デリックはかつての仕事上の関係を引きずり、命を狙われていた。ニコは依頼を引き受け、ギャングメンバーとその仲間を片づける(Smackdown)。また、服役中のかつての仕事仲間が移送されることを知り、パッキーと協力して護送車を襲い、最終的に男を崖から突き落とす(Tunnel of Death)。

その後、フランシスは怒り口調でニコに連絡する。彼はデリックを見下していて、ニコがデリックと付き合いを持っていることを知り、腹を立てていた。フランシスはデリックの殺害を依頼し、ニコは渋々引き受ける。フランシスはデリックを公園に呼び出す。危険を察知したデリックはニコに連絡し、その面会を監視するように頼む。

ビルの屋上でライフルを構えたニコは、スコープの中に兄弟の姿を捉える。そして、彼なりの結論を下す(Blood Brothers)。

兄を殺した真犯人のことなど知るよしもないパッキーは、ニコを兄の葬儀に呼び出す。葬儀の終わり頃、アルバニア人の襲撃を受ける。ニコらは共に戦い、命からがら棺を墓地まで送り届ける(Undertaker)。

チャプター2-5: レイ・ボッチーノ

パッキーはニコにレイ・ボッチーノ<Ray Boccino>を紹介する。彼は、イタリアギャングであるペゴリーノ・ファミリーの一員である。パッキーはレイとの協働にはあまり乗り気ではないが、生き残っていくために必要であると語る。

ニコの仕事ぶりに感銘を受けたレイは、ニコにいくつかの仕事をオファーする。

ニコは、街中のゴミ箱に隠されたダイヤモンドを回収するミッションを与えられる(Taking in the Trash)。その際、ダイヤをこっそり自分のものにした2人の手下を始末する(Meltdown)。

レイは、ダイヤ売人であるアイザック・ロスとの取引を設定する。ミドルパーク内の博物館に行くと、そこにはバイカーギャングのリーダーであるジョニーの姿もあった。取引は、何者かの襲撃により破綻し、ニコは何とか脱出する(Museum Piece)。レイは、高級ホテルにかくまわれているロスの元にニコを送り込み、ロスを殺害する(Late Checkout)。

レイは約束を守り、フロリアンの居場所を知っているという男のことを知らせる。ニコはローマンと共に男を訪ね、フロリアンの元に案内させる(Weekend at Florian's)。

2人は、ミドルパークそばのアパートの一室に踏み込む。そこにいたのは、バーニー・クレイン<Berni Crane>を名乗るゲイの男だった。彼はニコに、戦争での裏切り者ではないことを必死に説得する。

この後、ユー・エル・ペーパーからの連絡により、フロリアンは裏切りの形跡がないことが判明する。また、別の疑わしい人物であるダルコ・ブレヴィッチ<Darko Brevic>を特定することを約束した。

チャプター2-6: バーニー・クレイン

ニコは取り乱したバーニーから連絡を受ける。そしてニコは彼が抱えている問題のいくつかを手伝うことに同意する。

バーニーは同性愛者を嫌う人々から嫌がらせを受けており、その連中の始末をニコに依頼する(Hating the Haters)。また、バーニーの恋人である政治家ブライス・ドーキンス<Bryce Dawkins>は、バーニーとの交際をネタに揺すられていた。ニコは、揺すり屋を追いかけて殺す(Union Drive)。

ここで、この陰謀の裏には、ディミトリが関与していることが発覚する。バーニーとニコが海上でボート遊びに興じていると、そこにディミトリの差し金が現れ、2人の命を狙う(Buoys Ahoy)。危険を首尾よく脱したニコは、お礼としてドーキンスの高級車(インフェルナス)を受け取る。

チャプター2-7: グレイス・アンチェロッティの誘拐

ジェリーは投獄されるが、アンチェロッティ・ファミリーと問題を起こすことを諦めてはいなかった。ジェリーは、面会室にニコを呼び出し、アンチェロッティ・ファミリーのトップの娘であるグレイス・アンチェロッティ<Gracie Ancelotti>を誘拐する計画を伝える。

ニコは中古車販売サイトを通じてグレイスと連絡を取り、試乗と称して面会を取り付ける。試乗の最中、グレイスは本当の目的を知り、激しく抵抗するが、ニコの一撃により彼女は気を失う。彼女はとあるアパートの一室に監禁される(I'll Take Her)。ニコは、誘拐の証拠として写メールを撮影し、送信する。

アンチェロッティが監禁場所に忍び寄る動きを察知したジェリーは、ニコを呼び出し、グレースを別の場所に移動するように指示を出す。グレースをトランクに押し込み、車を走らせるやいなや、アンチェロッティの襲撃に遭う(She's A Keeper)。

結局、アンチェロッティは身代金を支払うことに同意し、ダイヤモンドとグレースを交換する場が設定される。取引は、ブルガリンの襲撃により失敗する。そのダイヤモンドはもともとブルガリンから盗まれたものであったようだ。ニコとパッキーはダイヤを奪うべく、ブルガリンと戦う。しかし、追い詰められた敵は、下を走るダンプカーの荷台にダイヤを投げ落としてしまう。この出来事にジェリーはひどく失望する(Diamonds are a Girl's Best Friend)。

後に、この件に関してもディミトリが関与していたことを知る。

チャプター2-8 ペゴリーノ・ファミリー

レイの仕事を進める中で、ニコはフィル・ベル<Phil Bell>に出会う。彼もはやりペゴリーノ・ファミリーのメンバーである。ニコの活躍を聞いているフィルは、ニコにヘロイン強盗の仕事を依頼する。

ニコらは、ロシアからのドラッグが保管されているというマリーナに向かうが、正体がばれて激しい銃撃戦となる(Catch The Wave)。

フィルはニコに廃工場に行くように指示する。そこには、ドラッグ泥棒の件をコミッションにさらそうとしているチャーリーという男がいる。コミッションに件のことが伝わってしまうと、ペゴリーノファミリーの存続が危うくなる。フィルがアリバイを別の場所で作っている間、ニコはチャーリーと戦い、ヘリで飛び立とうとしたチャーリーを撃ち落とす(Trespass)。

ニコはフィルに同行し、とある廃屋に行く。そこで、トラックから盗んだ精製済みのヘロインを回収するつもりであった。しかし、仲間の車は尾行されており、FIBが襲撃してくる。ニコらはカーチェイスと銃撃戦を生き延び、ヘロインを守った(To Live and Die in Alderney)。

ニコの活躍はいつしかジミー・ペゴリーノ<Jimmy Pegorino>の耳に届く。フィルはニコに連絡し、ペゴリーノとの面会の場を設ける。

ペゴリーノは、ニコにパヴァノ・ファミリーとの会合に同行し、監視するように指示する。予想通り、物別れに終わった会合からペゴリーノを救出する(Pegorino's Pride)。また、別の仕事では、パヴァノの集金人を襲い、金を奪った(Payback)。

ニコがペゴリーノの家に出向くと、疑心暗鬼となったペゴリーノはショットガンを構えてニコに語った。彼の部下トニーが彼の盗聴をしていたというのだ。トニーにそのことを問い詰めると、彼は心臓発作を起こして病院に担ぎ込まれたという。盗聴音声にはニコの声も入っていたこともあり、ニコはトニーの殺害に同意する。厳重警備の病院に侵入したニコは、トニーを永遠に黙らせることに成功する(Flatline)。

その後、ペゴリーノはニコを彼の家に呼び寄せた。そこでは、戦争にむけた会議が行われていた。レイとフィルは戦争への考え方で反目していた。ニコを部屋に残したペゴリーノは、部下の中にネズミがいることをニコに話す。

少し後に、ペゴリーノはニコに電話をし、レイの殺害を依頼する。ニコは期待に応え、隠れ家に移動中のレイを殺害する(Pest Control)。

チャプター2-9: ガンベッティ・ファミリー

ユー・エル・ペーパーは、ニコにガンベッティ・ファミリーのドンであるジョン・グラヴェリ<John Gravelli>を紹介する。グラヴェリに協力することでダルコの手がかりに近づけると説明する。

ニコはジョン・グラヴェリを訪問する。彼は病院で死の淵にいた。彼はニコに、過去に犯した犯罪の記録を消去するだけの力を持っていること、また、ダルコを探せるかもしれないことをほのめかした。ニコは協力することに同意する。

ニコは政治家のスピーチに同行し、彼の命を狙う攻撃者から守り(Entourage)、また、チャイナタウンのレストランで偽金を使った韓国人を追いつめて殺した(Dining Out)。

そして、ユー・エル・ペーパーがグラヴェリの元に現れ、ニコに最後の仕事の依頼をする。ロシア人のドラッグ倉庫の破壊である。ニコはその仕事も首尾良くこなす(Liquidize the Assets)。

その後、ユー・エル・ペーパーは、ニコにダルコの居場所を伝える。ニコはローマンと共にその場所に向かう。すると、手を縛られた男がバンから放り出される。ニコは、ダルコに詰め寄り、裏切った理由を聞く。彼は、ドラッグを買うためのはした金のために裏切りをしたと自責の念を交えて語った。その様子を見たローマンはニコに対し、ダルコに生きて罪を償わせるよう促した。ニコは、彼自身の判断でダルコの運命を決めた(That Special Someone)。

チャプター2-10: 決断

ニコはAlderneyのストリップクラブに呼び出される。ペゴリーノはディミトリをはじめとしたロシアのギャングに、盗んだヘロインを売ることで莫大な利益が得られることを説明した。しかし、ニコはディミトリとの仕事は固く拒否した。しかし、ペゴリーノは彼の利益のためしつこく食い下がり、ニコに無理矢理同意させる(One Last Thing...)。

その直後、ニコはローマンに電話し、計画について相談する。ローマンはその計画に乗り気で、過去の出来事は水に流し、取引を行うことを勧める。このとき、ローマンは、ディミトリが港で取引の準備をしていることをニコに伝える。

また、ニコは恋人であるケイトにも助言を仰ぐ。彼女は計画について大反対の態度を示すのであった。

熟考したニコは、彼のそして彼の仲間たちの運命をも左右する重大な決断を下すことになる。

ファイナル(取引)

ニコはローマンの勧めにしたがい、ディミトリとの取引に同意する。ニコはフィルと合流し、取引が行われる工業施設に向かった。現場に到着したニコは、ディミトリから連絡を受ける。彼はヘロインの供給者を殺し、ドラッグを奪ったと伝えた。施設での激しい戦いの後、2人はうまく金を取り戻す(If the Price is Right)。

後日、ローマンとマロリーの挙式が執り行われる。しかし、ケイトはこの挙式への出席を拒否した。

教会の外で出席者は2人を祝福する。その瞬間、怪しい人影がニコに近づく。男はニコの名前を確認すると銃を引き抜く。ディミトリの使いの者であった。ニコは男ともみ合いになり、不意に発射された銃弾がローマンに命中し、ローマンが死亡する。

怒りに震えるニコは、倒れた男に向かって銃を繰り返し発砲する。ジェイコブはニコをたしなめ、ディミトリを必ず見つけることを約束し、ニコを家に帰した(Mr. & Mrs. Bellic (Deal))。

ディミトリへの憎しみの中、ニコはジェイコブからの連絡を待った。

ジェイコブはニコを呼び出す。合流した2人は、ディミトリの手下を追跡してAlderneyの北にあるカジノ跡に到着する。

カジノ跡を進むニコは、ディミトリとペゴリーノの姿を発見する。しかし、ディミトリはその場でペゴリーノを殺害すると、ヘリに乗って逃走を図る。ニコは、ジェイコブが用意していたボートに乗り込みヘリを追跡する。

そこに、ヘリに乗ったジェイコブが登場する。2人の息を合わせることで、ニコはそのヘリに飛び移ることに成功する。ニコたちはヘリの追跡を続ける。しかし、ディミトリからの攻撃を受けてヘリは墜落する。ところが、ディミトリのヘリも同じ島に墜落する。

そこは、幸福の女神像の建つハピネスアイランドであった。ニコはディミトリを追い詰め、最後の引き金を引く(A Revenger's Tragedy)。

大きな犠牲を払い、彼らの確執は終わりを告げた。

ファイナル(復讐)

ニコは彼の信条に反する決断は下さなかった。

ニコはディミトリが取引の準備を進める港に向かった。貨物船に潜入したニコは、ディミトリの手下と戦い、最終的にディミトリを処刑する(A Dish Served Cold)。

ニコの復讐は成功した。直後、ニコはフィルから連絡を受ける。フィル自身はニコの今回の行動について一定の理解をしているものの、ペゴリーノはそうでないことを伝えた。

後日、ローマンとマロリーの挙式が執り行われる。ニコはケイトと共に挙式に出席する。

教会の外で出席者は2人を祝福する。しかしそれも長くは続かなかった。ニコの勝手な行動に激怒したペゴリーノが車で現れる。ペゴリーノは車の中からマシンガンを乱射する。ニコは間一髪かわしたものの、銃弾の一つがケイトに命中し、彼女の命を奪う(Mr. & Mrs. Bellic (Revenge))。

ニコはペゴリーノへの敵討ちを誓う。

ジェイコブはニコを呼び出す。そこにはローマンもいた。合流した3人は、ディミトリの手下を追跡してAlderneyの北にあるカジノ跡に到着する。

カジノ跡を進むニコは、ペゴリーノに追いつくことができなかった。ペゴリーノは、ボートに乗って逃走を図る。ニコは、ジェイコブらが用意していたバイクに乗り込み、ボートを追跡する。

追跡するための道がなくなりかけた瞬間、ヘリに乗ったジェイコブが登場する。2人の息を合わせることで、ニコはそのヘリに飛び移ることに成功する。ニコたちはボートの追跡を続ける。

ボートはとある場所に到着する。ヘリは攻撃を受けて同じ場所に墜落する。

そこは、幸福の女神像の建つハピネスアイランドであった。ニコはペゴリーノを追い詰め、最後の引き金を引く(Out of Commission)。