本文へジャンプ

GTA | London | GTA2 | GTA3 | VC | SA | LCS | VCS | GTA4 | TLAD | TBoGT | CW | CW(PSP) | GTA5 | RDR
Area GTA

GTA5 - Story (ストーリー)

Story

完全なネタバレなので、クリアしてから見てください。

プロローグ

9年前、ルーデンドルフ、ノースヤンクトン

店内にクリスマスツリーが飾られた田舎の銀行。そこに、3人組の強盗が銃を持って現れ、客と行員をねじ伏せていた。

強盗の一人が爆弾の起爆スイッチを押すと、金庫のドアが開く。金庫室内の現金をバッグに詰めて部屋を出ると、メンバーの一人が警備員に取り押さえられる。しかし、別のメンバーがその警備員を躊躇なく殺害する。

シャッターを開けて外に出ると、そこは雪国だった。パトカーが次々と現れて警官が発砲する。メンバーは警官達を倒しつつ前進していく。次々と増援が現れるが、これはメンバーにとっても予定外だったようだ。

もう一人のメンバーが待機している車に全員が乗り込むと、車を出発させる。追跡してきたパトカーから発砲された銃弾は、運転手の頭を撃ち抜く。助手席の男は運転手を車から落とすと、とっさに運転を替わる。待ち合わせ場所にヘリが待っているらしい。

しかし、踏切で列車と接触し、車が運転不能になる。3人は徒歩で移動していると、金髪の男が撃たれ、助けようとした男も撃たれてしまう。待ち伏せされたのか。

次々と現れるパトカー。唯一撃たれなかった男は必死に抵抗を続ける。劣勢になると、通りがかった市民を盾にして、霧の中に消えていった。

教会内の墓地にて、死亡したマイケルという名の強盗犯の葬儀が行われていた。そして、その様子を遠くから眺める男がいた……。

フランクリン・クリントンとラマー・デイビス

カウンセラーに愚痴をこぼしにきた中年男性は、診療所を後にすると海岸沿いの道を歩いていた。ベンチで休んでいると、2人の黒人男性からとある建物の場所を聞かれる。一人は物語の主人公フランクリン・クリントン(Franklin Clinton)、もう一人はラマー・デイビス(Lamar Davis)である。

彼らはこっそりと敷地内に入ると、2台の高級車に分乗する。彼らの仕事はレポマンと呼ばれる車取り立て屋である。途中、警察に手配されながらも、持ち前の運転テクニックによって振り切り、自動車ディーラーに到着する。

このディーラーを経営しているのがシミオン・イエタリアン(Simeon Yetarian)である。彼は、分不相応な高級車を売りつけ、クレジットの支払いが滞ると車を強制的に回収するという詐欺まがいの行為を行っている。今日も、若者を相手にセールスを行うのだった。

フランクリンは叔母のデニース・クリントン(Denise Clinton)と同居している。叔母との関係はあまりうまくいっていないようだ。

このような仕事を卒業したいと考えているフランクリンとは裏腹に、シミオンは彼にEmployee of the Monthとう賞を与える。ラマーからは嫌みを言われつつ、その日は緑色のバイクの回収に向かう。バイクの回収には成功するが、ラマーはそれをシミオンの元に届けず自分のものにしてしまう(Repossession)。後にシミオンから電話があり、このバイクを盗んだことがばれ、フランクリンも共犯にされてしまう。

マイケル・デサンタ

別の日、ロックフォード・ヒルズのとある高級住宅に忍び込み、車に乗り込むことに成功する。カーディーラーに向かって運転していると、後部座席に潜んでいた中年男性が起き上がる。男性はフランクリンに銃を突きつけると、カーディーラーに車を向かわせる。これはクレジット詐欺であり、経営者のシミオンと話をつけるという。2人は車ごとショールームに突っ込む。男性はフランクリンに謝礼を渡し、立ち去らせる。男性はシミオンを叩きのめし、詐欺師とののしって店を後にする。この男性もまたこの物語の主人公である。名前はマイケル・デサンタ(Michael De Santa)という(Complications)。

この一件でフランクリンはディーラーを首になる。

マイケルが自宅のプールに置かれたデッキチェアーでくつろいでいると、フランクリンが姿を現し、何か仕事はないか尋ねる。先日銃を突きつけられたとき、堅気とは異なる雰囲気を感じ取っていた。2人でバー向かおうとした矢先、マイケルの息子であるジミー(James De Santa)から電話がある。マイケルが所有しているボートが盗まれ、彼は今そのボートの中にいるという。ボートの回収には失敗するが、ジミーの救出には成功する。帰り道、フランクリンとジミーは意気投合する(Father/Son)。

ある日マイケルが自宅に戻ると、妻であるアマンダ(Amanda De Santa)を呼ぶ。しかし返事がない。ペアのテニスラケットが置かれているのを見て2階に駆け上ると、寝室でアマンダとテニスコーチを発見する。コーチは窓から飛び降りて逃走する。たまたま姿を現したフランクリンとともに追跡し、コーチの逃げ込んだ家の一部を破壊してしまう。しかし、これはコーチの家ではなく、マーティン・マドラッゾ(Martin Madrazo)という人物の愛人の家であることがわかる。追っ手を何とか振り切って自宅に戻ると、マドラッゾとその一行が姿を現す。彼はメキシコ系ギャングのボスであり、家の修理代としてマイケルに250万ドルの弁済を要求する。大金が入り用となってしまったマイケルは覚悟を決め、金稼ぎのあてとして旧知の人間に連絡を取るという(Marriage Counseling)。

マイケルはレスター・クレスト(Lester Crest)の家を訪ねる。彼はかつての犯罪仲間で、マイケルが訪ねてきた理由をすでにわかっていた。協力する引き替えにと、IT企業のCEOであるJay Norrisの殺害を依頼する(Friend Request)。CEOの死亡を見届けたレスターは、マイケルを縫製工場に呼び出す。そして、強盗のターゲットとなる宝石店の下見に行き(Casing the Jewel Store)、準備を開始する。マイケルはフランクリンと連絡を取り、彼もメンバーの一人としてこの件に参加するように促す。

その頃、フランクリンはラマーに連れられ、敵対するストリートギャングメンバーの誘拐を企てるが失敗に終わる(Chop)。さらに、出所したばかりのストレッチ(Stretch)と3人で薬物の取引に行く。取引相手は先日誘拐に失敗したその男である。取引は仕組まれたものであり、3人は命からがら脱出する(The Long Stretch)。

マイケルは、一日中自室でゲームをしている息子を連れ出し、サイクリングに出かける。到着した桟橋で、娘のトレイシー(Tracy De Santa)が、船の上である種の営業をしていることを知らさせる。海に飛び込んだマイケルは、業界の連中から娘を強制的に連れ戻す(Daddy's Little Girl)。この件で、マイケルとトレイシーの間には大きな亀裂が入る。

マイケル、レスター、フランクリンおよびクルーメンバー達は、レスターの計画通り宝石店の強盗に成功する(The Jewel Store Job - SmartThe Jewel Store Job - Loud)。

トレバー・フィリップス

フランクリンはマイケル宅を訪ね、祝杯を挙げる。そこに、デイヴィッド・ノートン(David Norton、デイブ)が現れ、マイケルの過去を知っている人間に今回の件が知られてしまうことを心配する。そのうちの一人が最後の主人公トレバー・フィリップス(Trevor Philips)である。彼は、砂漠のトレーラーハウスに暮らしている。彼はバイカーギャング「ザ・ロスト」のリーダーであるジョニー・クレビッツの女に手を出し、追求されるとジョニーを殺害してしまう。その足でバイカーギャングのアジトまで行き、ギャングを壊滅状態にする(Mr. Philips)。さらに、友人のロンとともに彼らの飛行場まで乗っ取ってしまう(Nervous Ron)。

トレバーは、報道されている宝石店強盗のニュースを見て、かつての仕事仲間であるマイケル・タウンリー(Michael Townley)の影を見る。タウンリーは9年前の銀行強盗で命を落としているが、子分のウェイド・ハーバート(Wade Hebert)に調査を指示する。

トレバーは、薬物を取り扱う「トレバー・フィリップス・インダストリー」という「事業」を営んでいる。新たな中国人の取引相手との交渉の折、彼らを「事業所」に案内する。その際、商売がたきの襲撃があるが撃退する(Trevor Philips Industries)。後日、この中国人との取引は破談となる。問い詰めると、オニール兄弟に取引を横取りされたことがわかり、兄弟の密造所を襲撃し、破壊する(Crystal Maze)。

ウェイドの調査ではマイケル・タウンリーは発見できなかったものの、境遇のよく似たマイケル・デサンタという男がロスサントスにいることが判明する。トレバーはウェイドとともに砂漠を発ち、ビーチのそばにあるウェイドのいとこフロイド・ハーバート(Floyd Hebert)が暮らすアパートに転がり込む(Friends Reunited)。

再会

マイケルが冷蔵庫を開けるとジミーが仕舞ったと思われるハッパが見つかり、キッチンで妻と口論になる。そこに突如トレバーが現れ、現場に不穏な空気が流れる。トレバーは、死んだふりをして大金とともにのうのうと暮らしているマイケルを責め立てる。マイケルは証人保護を受けていると説明する。トレバーはマイケルの家族のことを昔から知っているようだ。トレイシーがいないことを尋ねると、フェイム・オア・シェイムというタレント発掘番組に出演中だという。マイケルはトレバーを連れ撮影所を襲撃して番組を台無しにした挙げ句、司会者のラズロウ・ジョーンズ(Lazlow Jones)を辱めた(Fame or Shame)。この件で、マイケルとトレイシーの間の亀裂はさらに深いものとなる。

この頃、宝石店で奪った宝石の横流しが完了し、まとまった金を受け取るとともにマドラッゾへの支払いも完済する。

FIBとマイケル

マイケルはトレバーが現れてしまったことについて、デイブに相談を持ちかける。デイブもすでにそのことを察知していた。デイブはFIB捜査官であり、マイケルの死を偽装したのは彼であった。過去のことを掘り返されると、デイブやマイケルの立場が危うくなる。

IAAはデイブが所属するFIBの部署にとって都合の悪い証人の身柄を確保しているらしい。デイブはマイケルの頭を殴って気絶させると、遺体安置所に送り込み、証人の存在を確認させる。しかし、証人の死体は見つからない。遺体安置所を脱出後、マイケルはフランクリンを呼び出すと、現在の境遇を説明して協力を請う。フランクリンは快諾する(Dead Man Walking)。

メリーウェザー

トレバーは超高額な何かがロスサントス港に荷揚げされたという情報をつかむ。港湾労働者のフロイドの首根っこをつかんで港の偵察に向かう。フロイドの話では、港にはメリーウェザー・セキュリティがたむろしているという。メリーウェザーは世界中で暗躍している私設軍隊である。トレバーは作業員になりすましてコンテナ船を撮影するとともに、メリーウェザーの管理帳簿を盗み出す(Scouting the Port)。小型潜水艇を盗み(Minisub)、その「何か」の強奪を決行する。作戦は成功するが、ブツはあまりに危険すぎるものであったため、レスターの指示で元に戻すことになる(The Merryweather Heist - FreighterThe Merryweather Heist - Offshore)。

デサンタファミリー

マイケルがリビングルームで昔の映画を見ていると、妻のアマンダとトレバーのことで口論となる。そこに、ヨガのインストラクターであるファビアン(Fabien)が現れる。「Did someone say yoga?(誰かヨガって言いました?)」。ファビアンは2人を裏庭に連れ出すとヨガの指導を始める。ファビアンのアマンダに対するボディータッチが度を過ぎていたため、マイケルが飛びかかるが体をかわされてプールに転落する。この出来事に激怒したアマンダは家を出て行く。マイケルは家に戻ると、今度は息子のジミーを外に連れ出す。ジミーの友人がいるというバーガーショップでドリンクをもらうと帰途につく。ジミーに勧められてドリンクを飲んだマイケルは意識がもうろうとなり、車から落とされてしまう。飲み物には麻酔薬が仕込まれており、父親に愛想を尽かしたジミーによるものであった。自宅近くの緑地で目を覚ましたマイケルは家に帰るが、待っていたのは誰もいない豪邸と妻からの手紙だけであった(Did Somebody Say Yoga?)。

FIBへの協力

デイブはマイケルをFIBビルとIAAビルの間にあるオープンカフェに呼び出す。そこにはデイブのほか、スティーブ・ヘインズ(Steve Hains)ともう一人の捜査官もいた。スティーブは、件の証人がIAAに拘束されているという情報をつかんでおり、その証人の「救出」を強制するのだった。マイケルはフランクリンに支援を求める。トレバーにはFIBがすでに手を回していた。

主人公3人の見事な連係プレーによって、証人ことK氏はFIBの手に渡った(Three's Company)。

トレバーとスティーブはK氏に拷問を仕掛け、ターゲットのアジェルバイジャン人の殺害に成功する。スティーブはK氏の始末を命じるが、トレバーは彼を解放してあげるのだった(By the Book)。

スティーブは、主人公3人を町外れの敷地に呼び出す。現金輸送車を襲い、IAAが調達した資金を横取りしろというのだ(Blitz Play)。主人公らは強盗の準備を入念に進める。現金輸送車を襲い、大量の警官と銃撃戦となるが、書類の奪取に成功する。マイケルはその書類を渡すため、デビン・ウェストン(Devin Weston)の邸宅に向かう。デビンはマイケルに、超高級車を盗む仕事を紹介する。マイケルはその仕事に向く人材に連絡するといい興味を示さない。しかし、映画プロデューサーのソロモン・リチャーズ(Solomon Richards)の名前を出されると、映画好きのマイケルの心が動いてしまうのだった(Blitz Play)。敷地を後にすると、マイケルはフランクリンに電話をかけ、車泥棒のおいしい仕事があると伝える。

ソロモン

マイケルはソロモンの映画撮影所を訪ねる。ソロモンの依頼で、撮影所からバックれた監督と準主役を連れ戻す。この働きでプロデューサー補佐として認められたマイケルは思わずガッツポーズする(Mr. Richards)。

高級車泥棒

フランクリンがデビンと待ち合わせた建設現場に行くと、デビンとモリー(Molly)が主人公3人に指示を出す。ハイウェイでの高速チェイスの末、2台のスーパーカーを奪うことに成功する(I Fought the Law...)。さらに、ロス市警のハイテクヘリを使ったり(Eye in the Sky)、映画撮影所に忍び込んだり(Deep Inside)して、着々と任務をこなしていく。最後はラマーとともに黄色いスーパーカーを盗み出す。これまでに盗んだすべての車をパッカーに詰め込み、一路受け渡し場所に向かう。受け渡し場所にはスティーブはおらず、モリーだけがいた。デビンは今回の謝礼金を自身の投資に回すという。フランクリン達は結局都合よく利用され、一切の金を受け取ることができなかった(Pack Man)。

マドラッゾ2

マイケルとトレバーは、マドラッゾの家を訪ねる。マドラッゾとの確執はすでに解消しており、あくまで友人としての接触である。マドラッゾの指示で、彼にとって不利なファイルを持っている男の乗る飛行機を狙撃し、ファイルを取り返すことに成功する。しかし、トレバーは計画を変更するといい、別の待ち合わせ場所に集合する。車のトランクには猿ぐつわをされたマドラッゾの妻パトリシア(Patricia)が乗せられていた。トレバーは彼女を誘拐してしまったのだ(Caida Libre)。これ以降、ロスサントスにはマドラッゾの手下がうろつき、トレバー達はうかつに街に戻れなくなる。

研究所襲撃

スティーブとデイブはトレバーとマイケルを呼び出す。北部にある研究所でテロの準備が行われているという情報をつかんだが、「調査」するためには数百万ドルの資金が必要になるという。捜査官2人はそう言い残すと無責任にもその場を立ち去ってしまう。マイケルは、かつてレスターから聞いたパレト・ベイの銀行のことを思い出す。レスターと合流すると、ターゲットの銀行の警備状況の調査を始める。すると、田舎の銀行にしてはやけに警備が厳重だということがわかり、レスターは力業でこの銀行を襲うプランを立てる(Paleto Score Setup)。軍の輸送トラックを襲って強力な兵器を入手すると(Military Hardware)、作戦決行となった。現場は戦場さながらの激しい銃撃戦となるが、800万ドルほどの現金を盗むことに成功する。そのうちの大半はFIBに渡すことになるが、残りは仲間で分け合った(The Paleto Score)。

マイケルとトレバーは酒を飲みながら相変わらず言い争いをしていた。散らかっていたトレーラーハウスはすっかり片付いている。ストックホルム症候群だろうか、かいがいしく家事をこなすパトリシアの姿があった。トレバーはマイケルを連れて飛行場に向かう。フランクリンがオニール兄弟の残党を見つけたというのだ。ヘリに乗り換えたマイケルのスナイパーライフルが火を噴き、残党は始末された(Predator)。

パトリシアとのデート(?)から戻ってきたトレバーはオフロードバイクに乗り込むと、走行中の貨物列車に向かう。この列車は金塊または何か高額なものを輸送中で、メリーウェザーが警備しているという。強引に列車に乗り込んだトレバーは、列車を加速させて橋の下に転落させる。「戦利品」はよくわからない像であったが価値のあるものらしい。この像とともにパトリシアを帰してマドラッゾとの関係を回復させるといってマイケルは立ち去る。去り際、連邦保管庫での大仕事の計画をにおわせる(Derailed)。この直後、FIBから連絡があり、例の研究所の案件のゴーが出る。

田舎の寂れた桟橋に集合する3人。そこにFIBのいつものカップルが姿を現す。手配ミスにより作戦の実行メンバーが集まっていないことがわかり、FIBの2人もミッションに参加することになる。研究所内ではIAAの部隊との銃撃戦にまで発展するが、神経ガスの回収にはなんとか成功する。これで、FIBとのしがらみはすべて解消するのだろうか。一方、トレバーは助手席にパトリシアを乗せて田舎道を走行していた。夫の元に帰っていくパトリシア。彼女を丁重に扱えというトレバーは、いつになく切ない表情であった(Monkey Business)。

トレバー達が居候しているアパートの持ち主であるデブラ(Debra)はトレバー達を追い出そうとする。のらりくらりと話を聞かないトレバーに対して銃を向けるデブラ……。血まみれの服で部屋から出てくるトレバー。弾痕と帰り血だらけの部屋の中はどんな惨状になっているのか。住処がなくなったトレバーは、ストリップクラブに向かい、マネージャーに「挨拶」する。以降、トレバーはこのストリップクラブで暮らすことになる(Hang Ten)。主人公達とレスターは、連邦保管庫襲撃のための下調べを行う(Surveying the Score)。

埋められた真実

マイケルが自宅のソファーでうなだれているとトレバーが姿を現す。トレバーは、マイケル・タウンリーの死を悼んだが、お前(マイケル・デサンタ)は一体何者なんだと攻める。去り際に最後の質問をする。ノースヤンクトンにあるマイケル・タウンリーの墓に眠っているのは一体誰なのかと。答えをはぐらかすマイケル。トレバーは家を飛び出し、一路ノースヤンクトンに飛ぶ。マイケルも後を追いながらデイブに連絡する。

ルーデンドルフの雪景色の中で車を走らせるマイケル。過去にデイブと取引をしたときの記憶がよみがえる。教会内の墓地に到着すると、墓を掘り返すトレバーの姿があった。時間の無駄だというマイケルをよそに穴を掘り続けるトレバー。姿を現した棺に穴を開けると、そこに眠っていたのはブラッドであった。ブラッドは9年前の強盗の実行犯の一人で、刑務所に収監されているはずだった。いやな予感が的中したトレバー。

マイケルは生き残るために仕方なくしたことだと釈明する。しかし、9年間タウンリーの死を悲しみ、ブラッドの身を案じたトレバーは納得しなかった。拳銃を向けあう二人。

突然銃声が響く。チェンの手先のもの達がトレバーを捕まえに来たのだ。トレバーは素早く脱出するが、マイケルはその場に取り残される。自分はトレバーではないと説明するが、マイケルを「ボーイフレンド」と考えている連中は聞く耳を持たない。何とか脱出できたかに思えたが、車がトレバーによって破壊されており、結局連中に拉致されてしまう(Bury the Hatchet)。

フランクリンは、マイケルが拉致されたことを聞きトレバーに助けを求める。しかし、あいつはすでに死んだ男だと言い残して立ち去ってしまう。フランクリンはレスターと協力してマイケルが拉致されている食肉処理場を突き止め、救出に成功する(Fresh Meat)。

FIBとの決着

FIB捜査官の二人はマイケルをレスターの縫製工場に集める。今度はFIB内部に彼らにとって都合の悪い情報があり、それを消してほしいというのだ。そのためにはFIBのビルに侵入する必要がある。マイケルはこれが最後の協力であると念を押し、同意する。実際はそうならないであろうことは察していたが、ビルに侵入した際に自分たちの情報も消せるかもしれないという考えがあった。ビルの清掃員を取り込み(Cleaning out the Bureau)、建築家からビルの設計図を奪い取り(Architect's Plans)、侵入の準備を整えた。消防士のふりをして潜入する(The Bureau Raid - Fire Crew)、または、屋上から急襲して(The Bureau Raid - Roof Entry)、FIBのサーバから情報を奪うことに成功する。

マイケルはFIBとの関係にケリをつけるため、ひとりKortz Centerに向かう。そこで待っていたデイブは、そううまくはいかないという。そこにスティーブとサンチェス捜査官が現われ、マイケルを逮捕するという。今回の事件について、スティーブが首謀者であると考える人間がFIB内にいるという。4人は銃を向けあう。そこに現れるIAA捜査官と、FIBの部隊。さらにはメリーウェザーの武装ヘリまで登場する。FIB部隊の放った一発の銃弾が極限まで張り詰めた均衡を打ち破る。スティーブは足を負傷し、サンチェスは死亡する。デイブは何とか逃れる。

マイケルは激しい銃撃戦からの脱出を試みると、武装ヘリが襲いかかる。しかし、直後パイロットは頭を打ち抜かれ、ヘリは墜落する。パイロットを撃ったのは、トレバーだった。「お前を殺すのは俺だ」というと、マイケルが脱出するための手助けをする。安全な場所で再会した二人は、最後の大仕事<The Big Score>を決行する決意をする(The Wrap Up)。後にデイブはマイケルに電話をかけ、今回の事件の責任はサンチェス捜査官に負わせ、マイケルを含む生き残ったメンバー達については何とか収束できそうだという。しかし、トレバーは素行が危険すぎて手に負えないという。

家族の再結成

マイケルがリビングで酒を飲んでいると、息子のジミーが姿を現す。マイケルのことをろくでもない父親だと言いつつも、薬を飲ませたことを謝罪するとともに、ハッパをやめて仕事もすると意気込む。マイケルはアマンダの居場所を尋ねると、2人で迎えに出かける。アマンダはヨガ講師のファビアンと喫茶店にいた。ファビアンが2人の体型をけなすと、デサンタ一家は一斉に気分を害する。ノートパソコンで殴られて地面に倒れるファビアン。アマンダはマイケルとよりを戻すことに強い抵抗はないようだ。娘のトレイシーはタトゥーパーラーにいた。そこには運悪くトレイシーを口説いているラズロウもいた。自慢のポニーテールを切り落とされてしまったラズロウを尻目に、マイケル達はカウンセラーのオフィスに集結する。そして、すったもんだありながらも家族全員でマイホームに帰宅するのだった(Reuniting the Family)。

ラマーの誘拐

フランクリンの元カノであるタニーシャ(Tanisha)がフランクリン宅を訪ね、ストレッチに嵌められてラマーが連れ去られたことを伝える。フランクリンはマイケル、トレバーに協力を仰ぎ、ラマーの救出に成功する。ラマーと別れた後、待ち伏せていたFIBの2人が話しかける。トレバーは我々にとって脅威であり、始末する必要があると言い残して立ち去る(Lamar Down)。

プロデューサーマイケル

マイケルがソロモンのスタジオを訪ねると、デビンとモリーがいた。彼らは、完成間近の映画を潰すことで莫大な保険金が得られること、さらには、映画スタジオを取り壊して再開発をするプランを説明する。地上げ屋に嵌められたというソロモンの手から映画のフィルムリールを奪うと、モリーは空港に向かう。フィルムを取り戻すべく追跡するマイケル。パニック状態となったモリーは護衛のパトカーを巻き込んで空港の敷地内で大逃走劇を演じる。車を降りて格納庫に走るが、ジェット機のエンジンに巻き込まれて四散する。かくしてフィルムを取り戻したマイケル達だったが、ソロモンの話ではバックアップは取ってあり、無理に取り戻す必要はなかったようだ。またソロモンは、映画のプレミア上映会にマイケルの家族を招待すると約束する(Legal Trouble)。

マイケルとジミーはリムジンでレッドカーペットに向かう。そこにデビンが現れ、まだ会場入りしていないアマンダについて不吉な発言をする。アマンダとトレイシーに危険が迫っていることを察知したマイケルは、ジミーとともに自宅に急行する。自宅はメリーウェザーの部隊に襲撃され、アマンダ達をまさに撃ち殺そうとしていた。マイケルは間一髪アマンダ達を救い出すと、メリーウェザーの部隊を撃退した(Meltdown)。

最後の大仕事

主人公3人とレスターは、ストリップクラブで最後の大仕事の計画を練る。慎重な方法または派手な方法を決定した彼らは、レスターの計画通りに事を進め、連邦保管庫から莫大な量の金塊を盗み出すことに成功する(The Big Score - SubtleThe Big Score - Obvious)。金塊はレスターが一時保管し、折を見て溶解するという。疑心暗鬼のトレバーが反発する場面もあったが、その場は一旦解散となった。

フランクリンの選択

デビンはフランクリン宅を訪れ、自分のプランを台無しにしたマイケルを殺害しろと指図する。対して、フランクリンはFIBにトレバーを殺害するように指示されていると答える。デビンはフランクリンに選択をゆだねて立ち去る(Final Mission)。